海外旅行とキャッシング:注意点について

海外旅行や出張の際何かと便利なのが海外キャッシングです。但し、出掛ける前や、利用する際などに気をつけたい点もあります。簡単にまとめたものを紹介させてください。

まずは海外に出掛ける前に準備しておきたいことです。はじめに行っておきたいことは、自分が利用しているクレジットカードについての確認です。

利用しているカードは海外キャッシングができるのかどうかということ、できたとしたらいくらまでキャッシングできるかの、キャッシング限度額の確認、キャッシング利用時の金利手数料の確認も忘れないようにしましょう。

明細や公式サイトのマイページでもわからない場合は、カード会社に電話して直接尋ねるのがオススメです。万が一買い以外キャッシングの利用可能枠がつけられていないケースでは、設定をなるべく早くしてもらうよう依頼してください。利用可能枠設定時に収入証明書の提出が求められることもあるため、海外に出かける3週間前には、確認しておきたいものです。

次に海外でキャッシングをするとき、ATMを利用する時に気をつけたいことになります。海外に設置されているATMでは、1日、および、1度のキャッシング制限額が決まっているようです。

もしもアメリカでキャッシングした場合ですが、1回にキャッシング出来る金額が200ドル~500ドルとなっていますし、フィリピンのケースでは3,000~10,000ペソというようになっています。

その国のATMをおいている金融機関がそれぞれ設定している金額になりますので、利用しているカード会社に尋ねても、明確な答えは返ってきません。一度にキャッシングできる金額が少ない場合は何回かに分けてATMを利用すればいいだけのことかもしれませんが、キャッシングするたびに手数料が必要となってしまいますので気をつけてください。

このATM手数料ですが、注意したい点がもうひとつあります。一般的にはカード会社が手数料を受け取るケースと現地の金融機関が受け取ることになるのですが、カード会社と金融機関の二つの企業から、二重で手数料を徴収されてしまうこともあるようです。

経験者もいるようで、「オリコカードをタイで利用した際に、ATM手数料を二重に徴収された」なんてこともあったようです。難しい問題ですが、現地の金融機関が手数料を取っているか否かということは、利用してみないと解らない部分があります。

キャッシングする際に画面に手数料に関しての事が表示されているのを読み解くか、もしくは後に確認できる明細をチェックする方法しかわかりません。

最後に、気をつけたいことをもうひとつ。海外は日本に比べて治安に関して不安があります。夜や暗い場所に設置されているATMの利用はできるだけ回避して下さい。強盗などに狙われやすいためです。ATM利用時は周囲を良く見回して、人がいないかチェックしてからキャッシングを行って下さいね。

ページの先頭へ