消費者金融:キャッシング業者の勧誘電話を避ける方法

キャッシング会社から掛かってきて欲しくない電話の第一位は、督促の電話ではないでしょうか。ですが、営業電話もまた同様だと思います。キャッシング側に問題があるために掛かってくる督促電話は致し方がないとしても、営業の電話というのは心から必要ない、そう思っている人も少なくありません。

ただし、勧誘の電話も、実は使い方によってお得に変わることもあります。

勧誘電話の内容は、「利用限度額を拡大しませんか?」「またぜひご利用下さい」というようなものだと思いますが、今キャッシングが不要な人にとっては、再び借入れを依頼されても困るし迷惑な話です。

ですがほとんどの大手キャッシング会社がこのような電話をしてくるときは、増額のお願いだけではなく、金利の引き下げをお土産に持ってきてくれる事が多々あります。
初めての消費者金融・初心者ガイド

もしも現在活用する予定がなかったとしても、増額と一緒に低金利にしてもらう事で、今受けている融資の残っている返済分に掛かっている利息も低くなることになるのです。突然大きく利率をダウンさせることは困難ですが、ちょっとずつでも低くする事ができたら、利用者にとってもお得なことだといえます。

とはいえ中には、「限度額が拡大しちゃうと思わず利用しちゃう」という人もいると思いますので、このような方には余りお勧めできない方法です。また、電話自体困るから止めて欲しい、という人もいるかもしれません。

この様なときは、きちんと自分の意思をキャッシング会社に伝える事が必要です。 例えば、「○ヶ月間は電話しないで貰いたい」「今後電話をかけてこないで貰いたい」「金利を下げる電話以外はかけてこないで貰いたい」などと、しっかり伝えましょう。

キャッシング会社は、貸金業規制法に則って運営されていますが、金融庁が貸金業規制法に寄り添ったルールに業者が違反した場合、業務停止命令などのキツイ処分が待っています。
【鹿児島銀行】 ホーム

「過剰貸付の防止」も金融庁が定めたルールのひとつです。利用者が、「借入れは不要」と伝えているのにもかかわらずしつこく勧誘してくる行為は、「過剰貸付」といったルール違反になります。ですから「電話をしないで欲しい」と伝えることによって、今後勧誘電話が掛かってくることはないでしょう。

万が一また掛かってきた場合は、「過剰貸付を迫ってくるということを、金融庁に伝えます」と告げる事で、キャッシング会社からは丁寧な謝罪とともに、二度と勧誘電話をしないという約束を取り付けられると思います。

海外旅行とキャッシング方法

「急に海外出張に出かけることになってしまった!それなのに準備不足でお金が足りない!」もしもこのようなケースでは、クレジットカードを利用したキャッシングがオススメです。

キャッシングと耳にすると、若干ネガティブな印象を持つ人も居るかもしれませんが、上手に利用することによって、両替よりも安く上がる可能性もあります。それに、両替をするために銀行やホテルに足を運び、依頼する必要もありませんし、ATMさえ見つければ、現地のお金で融資を受ける事が可能です。

ですが利用方法や手数料など、今まで利用した事がな人にとっては不安なことばかりだと思います。簡単にですが、海外でのキャッシングにまつわるお話をさせて下さい。まずはATMの利用時の案内になります。

ATMを使用する時に必要な手数料は全く掛からない場合と、100円から200円前後必要なところがあるようです。また、その旅行先で、ATMを設置している金融機関が個別に手数料を必要としている場合もありますので、よく確認してみて下さい。

ATMだけではなく、その土地の金融機関の窓口でも、融資を受けることは可能です。各国際ブランドと繋がっている金融機関、恐らく銀行がメインになると思いますが、それらの機関の窓口を活用することもできます。

通常金融機関の窓口や、ATMに国際ブランドのステッカーが張ってあると思いますので、自分の持っているカードが利用できるかをまずはチェックしてみて下さい。そして窓口に足を運んだら、係員に、「クレジットカード」と「パスポート」を見せ、キャッシングしたい事を伝えましょう。

例えば、「May I help you?(ご用件をどうぞ)」といったように銀行員が尋ねてくれると思いますので、「I'd like to withdraw 300$ with this credit card.(このカードで300ドル引き出しするのを希望してます)」と、返事をします。

銀行窓口でキャッシングする際には、暗証番号かサインをすることを求められると思いますので、カードの裏の部分に書かれているサインと同様のサインをして下さい。

手数料ですが、ATM同様キャッシング時には必要となりますので注意しましょう。

キャッシングできない未成年が現金を手にするには

未成年でもキャッシングできる方法というのは存在します。例えば、親の同意の元に学生ローンを学生が申し込む場合や、二十歳未満の既婚者で、毎月安定したお給料を貰っている場合、また、親の承諾の元会社経営をしている場合などもそうですし、クレジットカードのキャッシング枠に許可が下りた場合も同様です。

ですが、上記の方法にチャレンジしてみたけど未成年だからという理由で断られてしまった、でもお金が必要なのでキャッシングしたい、そう考える人も存在するかもしれません。このようなケースでは、シンプルに親御さんに融資を頼んでみましょう。

怒られるから親には頼めない、そう考える人もいると思いますが、実際は子供から借金を頼まれた程度では、親は心底腹を立てたりはしないものです。勿論文句のひとつふたつは言われるかもしれませんが、きちんと話を聞いてもらえます。

利息を払うように言われることもほとんどないと思いますし、返済も時々なら遅刻しても許してくれるでしょう。とはいえ、親御さんに頼むことのできない未成年者もいると思います。そのような時は、キャッシングを考える前にチャレンジしてもらいたい方法があるのです。

例えばバイトしている職場でお給料の前借ができないか尋ねてみるとか、不要になった本や漫画、ゲームなどを中古業者に持っていくとか、日雇いのアルバイトにいくのも良い方法だと思います。

キャッシングする、お金を融資してもらう、といった形ではありませんが、様々な方法で現金を手にすることは可能です。日雇いのバイトがお金を手にするのにはとてもシンプルな方法だと思いますが、時間が足りないということでしたら、お給料の前借を頼みに行くか、不要になったものを売ってしまうのが効率的だといえます。

それでも、何とかしてキャッシングできないものかと考える未成年の方もいるかもしれません。中には法の目をくぐってでも、と魔が差すこともあるかもしれませんが、もしも未成年が嘘の年齢を書き、親の同意の不要な成年のように振舞ってキャッシングしたケースでは、何かあったときでもお金を返済する義務が生じてしまいます。

未成年特有の、「借りたことはなかったことにする」という「契約の取り消し」は行うことはできません。勿論、融資を受ける時に実年齢を言ったというのに、業者から言われて成年の年齢を書いてしまったケースでは、嘘を勧めた業者が悪いことになりますので、契約を取り消す事ができます。

このように、未成年者がキャッシングすることは基本的には不可能です。親御さんの同意が合ったとしても審査が通らないことも多いですし、審査を受けさせてくれるかもわかりません。

一番可能性が高いのはクレジットカードのキャッシング枠を利用するか、学生ローンだと思いますが、紹介した方法がすべてダメな場合は、親御さんにお金を貸してもらうように頼みましょう。キャッシングとは比較にならないほど低い金利で、お金を融資してもらえるかもしれません。

親御さんがダメな場合は、単発のバイトか、アルバイト先でお給料を前借できるか頼んでみること、もしくは不要になったものをリサイクルショップなどに持って行き、現金に変える事がオススメです。

このページの先頭へ