看護師の役割は様々あります。

看護師求人~看護師の役目とその必要性~

生活していく上で誰でも必ずお世話になる職業の1つに医者が挙がると思います。 その医者と並んで多くの方がお世話になっている看護師ですが、医者とは違って前線に立つというよりも医者の隣にいるサポート役という縁の下の力持ちのような印象かと思います。
公益社団法人 和歌山県看護協会

看護師の役割は、医療・福祉などの現場で、医者の診療の補助をしたり、病気や障害によって1人では日常生活が困難な方を援助することなど、医者が医療行為に集中できるようになるように動いて、医者と並んで医療に不可欠な存在でしょう。

看護師の働きは、病棟での採血や薬の投与、身体に麻痺のある患者さんの歩行補助や食事の世話等をしている姿を想像すれば分りやすいと思います。ただ、医師免許ほどの医療行為の資格を認められていないので、検査全般や麻酔など直接的な医療行為はできません。

しかし、医者の不足の現状のためか、本来は医者が行なっている行為を看護師に回すなど、以前よりも看護師に求められる医学知識や仕事の範囲が広くなっていると思います。 看護師はチーム医療において医者の診察・治療をサポートし、患者さんの入院生活の援助をするのが業務です。

そして何も援助するのは身体面だけではありません。入院患者さんの多くは 「明日急に悪くなるんじゃないか」「治らないんじゃないか」 など自分の状態に常に不安をもっているものでしょう。

しかも手術を控えているような患者さんでは緊張や不安も強い思います。 看護師は医療現場の中で患者さんと最も近い立場といえますので、患者さんの精神面のケアも大事な仕事、役割といえます。

また、患者さんの中には医者の機嫌を損ねないように直接不安や意見を言えない人がいます。 そういった患者さんでも世話をしてくれる看護師には伝えることができます。

看護師はこういった事情の患者さんの不安や意見などを受け止めて、患者さんに安心感をもたらしつつ、そういった気持ちを医者に伝えるというように、患者さんと医者の仲介役となることも看護師には求められているとおもわれます。

どんな仕事であれ、ミスをゼロにすることは不可能です。医療においてもどれだけ優れた技術や機械を持っていても、それを扱うのが人である以上同様ですが、医療は命を扱っているため、ミスがそのまま死に繋がってしまうことがあります。そのため限りなくミスを無くす必要があります。

しかし医者は人員不足からくる激務のためにどうしても医療チームの中でも負担が大きくなってしまいがちです。そんな医者の業務を少しでも軽減し、医療ミスを減らすために看護師の存在は非常に大きいです。医者が治療に集中できるよう周囲の業務を看護師が担当することでよりスムーズな医療が可能になるでしょう。そんな自分にとってよりよい転職先を希望される方は、看護師転職ランキングを参考にされるとよいでしょう。