カードローンを上手に使うための豆知識

カードローンとは、銀行や信販会社、消費者金融が扱っているカードで無担保でお金を貸してくれるとても便利なカードです。 審査に通れば、わざわざお店に行かなくてもATMやキャッシュディスペンサーからお金を借りたり返したりができとても便利になりました。

カードローンを申し込む時、用意するものは銀行系のカードローンも消費者金融のカードローンも基本は同じです。 用意するものは、身分を証明できる物として運転免許証や健康保険証、住基カードです。住民票は、証明証としては認められていませんので注意してください。

銀行系のカードローンでお金を借りる時に気をつけないといけない点があります。 銀行ですから、営業時間内に審査が終わっていないとお金を借りることが難しくなり、また審査が通っても口座が無い場合は、口座の開設をするまでの時間がかかっていまい即日に借りることが困難となってしまいます。

カードローンを申し込む銀行の口座があれば、キャッシュカードでお金の出し入れができるので、時間内に審査が通れば問題はありません。 ただ、口座がなくてもカードローンを申し込める銀行もありますので、調べてから申し込みをすると良いでしょう。

銀行のカードローンには、いくつもの種類があります。 金利もローンの種類によって異なりますが、1番金利が高いのは使い道が決まっていないフリーローンです。 フリーローンは、いつでもお金を借りることができるため金利もその都度変わります。 まだ追加でお金を借りた時は、新しく金利の計算がされて翌月以降に返済額が大きくなります。

この事から言えるのは、カードでお金を借りる事は、借金をするという事なので、万が一返済が遅れたり、最悪返済ができなくなると信用を失ってしまうと言う事です。

一度失った信用を取り戻すまで長い時間が掛かって辛い日々になってしまうので借りるときは今いくら必要なのか、いくらなら返済ができるのかをよく考えて借りることをお勧めします。

ページの先頭へ